スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発の現状は?

福島原発事故の現状は?

原発を推進してきた専門家が陳謝、提言!

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110401-OYT1T00801.htm?from=tw

スポンサーサイト

世界統一 6

3.ヨーロッパ帝国
 ①EUとは


世界人口は、70億人に達しようとしている。爆発的な人口増加によって、やがて食料が足りなくなる。次に水の問題がある。世界では非常な勢いで砂漠が広がっている。
 食料不足、水の枯渇、人口の増加によって、生活環境が非常な勢いで破壊されていっている。そしてすべてが限界点に達しようとしている。
 これらをバネにして、世界支配を成し遂げようとする者たちがいる。ユダヤ・サンヘドリン、そしてイルミナティ・フリーメイソンである。両組織は協調して、世界政府樹立への動きを速めている。
 彼らは自分達の知恵と力によって世界を統治し、管理しなければならないと考えている。

テーマ : 独り言 - ジャンル : ブログ

世界統一 5

2.イルミナティ
 ①ユダヤ人
  ・イスラエルという国
    イスラエルはユダヤ人の国と言われていますが、ユダヤ人というのは人種としてはアラブと同じアジア系で   す。しかしテレビで見るイスラエルの首相など主な幹部は明らかに白人です。彼らは一体誰なのか?
    イスラエルは二重構造になっていて、スファラディ・ユダヤとアシュケナジー・ユダヤという二種類のユダヤ   人で成り立っています。
  ・スファラディユダヤ
旧約聖書に出てくるユダヤ人は、アブラハム、イサク、ヤコブの血統の人々です。神はアブラハムと契約を結   んだ。これが聖書の預言における土台となっています。彼らはアジア人種です。またアラブ人というのはアブラ   ハムの仕え女ハガルに生まれたイシュマエルの子孫です。
今から3000年前、ユダヤはソロモン王が治めていました。ユダヤ王国は平和に満ち溢れ、栄光栄華を誇って   いました。ソロモン王は創造主の神の前に謙虚であったが、晩年は政治も乱れ、彼の死後、ユダヤ国家は分裂を   始めました。
    
    


  ・アシュケナジーユダヤ
    彼らは元々、カスピ海沿岸にあったカザール帝国にいた人々ですが、周辺のビザンチンやイスラムから圧迫を   受け、ユダヤ教に改宗をし、モンゴルのチンギスハンの來襲により国を追われ、ロシアからヨーロッパへと散っ   ていったのです。彼らは、正確にはユダヤ教カザール人ですが、ユダヤ人と名のったため、本来のユダヤ人と区   別するためにアシュケナジーユダヤ人と呼ばれます。
    ロシアで迫害を受け、ヨーロッパでもナチに大量虐殺されるなどの迫害のあと、1948年5月にパレスチナ周辺   にイスラエルを建国します。彼らはユダヤ教の強烈な信仰者であるがゆえに、イスラエルはユダヤ教徒に与えら   れた土地であり、神から与えられた領土であると信じたのです。 
    まさに狂信的と言わざるをえません。

  ・サンヘドリン
 ②フリーメイソンとは

テーマ : 独り言 - ジャンル : ブログ

世界統一 3

③情報
 アメリカのテレビ3大ネットワークをはじめ、通信社ロイター、新聞社ワシントンポスト、ニューヨークタイムス、さらにハリウッドの大手映画会社などの主要メディアは、その資本をユダヤ国際金融資本に抑えられています。

(ロックウェイ・エクスプレス引用)
アメリカのメディアがユダヤ系に牛耳られていることはつとに有名であるが、記事を書く者たち、それを編集する者たちが、またイスラエル人だったりユダヤ系だったりするから、中東問題などで一般のアメリカ人がどんな記事や報道に接しているか分かろうと言うものだ。 ユダヤ人はその国ではその国の人間として装っているが、結局中身はイスラエル人であり、ユダヤ人としてのアイデンティティーが核としてあるから、報道する内容も、常にイスラエルとユダヤ人に有利となるような報道しかすることはない。 我々はこのようなメディアに日夜接しているのだから、彼らの誘導する認識に知らず知らずの内に導かれていくことになるのだ。 つまり我々が知らされている世界は虚像と言えよう。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
●アメリカのメディアとイスラエル軍-同じ家族の一員 http://www.politicaltheatrics.net/2010/03/us-media-and-israel-military-all-in-the-family/ 【3月13日 By politicaltheatrics】 ニューヨーク・タイムズ紙のイスラエル・パレスチナ局長のエイザン・ブローナーの息子はイスラエル軍の兵士であるという事実が発覚してから、大きな騒ぎとなっているが、さらなる問題が生じている。
 ニューヨーク・タイムズ紙がイスラエル寄りの偏った報道をしてきたことを考えれば、この紛争地域をカバーする記事の編集者の家族が一方の側の軍隊に参加しているということは問題であると多くの人々が見ている。ニューヨーク・タイムズ紙側では当初、ブローナーの状況を認めることを拒絶してきたが、その後コメントすることをも拒絶している。そしてとうとう、世間がやかましいので、タイムズ社の広報編集者のクラーク・ホイトは2月7日のコラムでこの問題を取り上げた。
 彼を雇った会社の名声を保つために、ホイトは最終的にブローナーは「偏向と見られる」事を避けるために、他の部署に移動させるべきだ、とした。 タイムズ紙のビル・ケラー編集者はそうはしないで、イスラエルとブローナーの関係を価値あるものとするコラムを書いた。それは彼らは「関係ない者では困難な、イスラエルとその敵の高度な知識を提供する」からだというのだ。 もしそんな“高度な知識”が価値あるものならば、タイムズ紙の「普遍的で中立的なタイムズ紙のニュースの部屋」は、バランスをとる編集者として、パレスチナ人とその敵に関して同様に高度な知識を持っている編集者を備えるべきと思えるのだが、ケラーはそのような点については語っていない。 

 ブローナーのイスラエル軍との関係は、事態の進展に見られるように、人が考えるような珍しいことではない。 タイムズ紙の前編集局長である、ジョエル・グリーンバーグは、編集長になる以前、だがイスラエルからの記事をタイムズ紙に既に掲載していた後、イスラエル軍で仕事をしているのだ。 メディアの専門家でアトランティクのスタッフであるジェフリー・ゴールドバーグはイスラエル軍で仕事をしていたことがある;というより、いつ、どのように、あるいは軍での仕事を終了しているのかどうかさえ、はっきりしていないのだ。
 40年以上にわたって中東問題の記事を書いてきたリチャード・チェスノフは、息子がイスラエル軍に所属している、チェスノフはUSニュース・アンド・ワールドレポート誌の上級外国特派員でイスラエル問題を扱っていた。 NPRのリンダ・グラッドステインの夫はイスラエルの狙撃手でおそらくはまだイスラエルの予備兵であろう。NPRはグラッドステイン自身が子供や夫と同様にイスラエル国民かどうか、はっきりさせることを拒否した。
 サンディエゴ・ユニオン・トリビューン紙の編集者のミッチ・ウェインストックは、イスラエル軍の兵役に就いていたことがある。 ニューヨークタイムズ紙のその他の特派員には、イサベル・ケルシュナーがいる。イスラエル国民である。イスラエルは義務兵役制度を持っているので、ケルシュナー自身なしは家族の誰かが軍との関係を持っているものと思われる。タイムズ紙は、彼女があるいは家族のメンバーがイスラエル軍の兵役に付いたことがあるかどうかという質問に回答することを拒否している。
 タイムズ紙の外交編集員のスーザン・チャイラは彼女自身、イスラエル軍との関係を持っていることはありうることか?タイムズ紙は回答を拒否している。 多くのAPの記者と編集員はイスラエル国籍であり、あるいはイスラエル人の家族がいる。APは一体どれだけの身内のジャーナリストがイスラエル軍の兵役についているのか、または過去に何人兵役に付いていたのか、あるいは何人の家族がそのような関係を持っているのか、明らかにしそうもない。 同様のことが、多くのテレビ特派員でも言えることだ。、例えばマーチン・フレッチャーなどはイスラエル国籍を持っているし、あるいはイスラエル人の家族がいる。イスラエル軍と家族関係を持っているのだろうか?
 CNNのウォルフ・ブリッツァーは、イスラエル国民ではないが、長年イスラエルを拠点としてイスラエルのアメリカにおけるスパイ物の本を書いたし、アメリカ国内ではイスラエル・ロビーのための仕事をしてきた。これらの誰も、CNNの視聴者には知らされていないのだ。 ティックンのマイケル・ラーナー編集人は、イスラエル軍で兵役に就いた息子がいる。ラーナー自身はイスラエルの政策に対する厳しい批判をしてきているが、ジューイッシュ・ウィーク誌でのインタビューでラーナーは以下のように語っている:「息子がイスラエル軍にいるということは、私のイスラエルに対する愛情を示すものだ。ブローナー氏の息子がイスラエル軍にいるということは、ブローナーのイスラエルに対する愛情の表現だと思うよ」
 ラーナーは本質的な点を指摘している  相当多くのリポーターや編集人はイスラエル・パレスチナ問題でアメリカ人が知る内容を決定している。イスラエルは家族の一員なのだ。

④燃料        <つづく>

テーマ : 独り言 - ジャンル : ブログ

世界統一 2

②食料
とくに穀物や大豆といった主食になる作物は、アメリカのモンサント、カーギルといった国際金融資本が株主の企業が抑えています。

 ・・・遺伝子組み換え作物に力を入れている企業であり、次回作には自家採種したものを利用しないとの契約を栽培農家との間で結んで遺伝子組み換え作物の種子を販売していることが多い。しかし、その契約に違反して自社の開発した遺伝子組み換え作物の種子を自家採種し以後の作付けに利用した農家に対して、知的財産権侵害として多くの訴訟を起こしたことから注目を集め、一定の批判を受ける事態が生じた。また、いわゆる「ターミネーター遺伝子」を組み込んだ組み換え品種間のF1品種を開発したが、これは結実した種子を農家が播種用に自家採種した場合、この種子が発芽しないようにしたものであり、この技術の倫理性に疑問が投げかけられ、これを用いた種子の流通はまだ行われていない。

発展途上国の農民が同社の遺伝子組み換え作物に種子に頼りきりになった場合、品種特性の多様性の低さによる病虫害や品種と栽培地帯とのミスマッチ、種子の値段の高さからかえって農民が困窮するという場合もあり、農業分野における米国の世界支配を支える企業という批判の的となることがある。
               フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88_(%E4%BC%81%E6%A5%AD)

 世界の食料をコントロールできるということは、食料危機をも起こすことが可能になります。

テーマ : 独り言 - ジャンル : ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。